サッカークラブ運営において重要な補強とマーケティング

サッカークラブ運営において一番ポジティブな出来事は、やはりチームの勝利です。チームが勝利をすればサポーターは満足しますし、またスタジアムに足を運びたいと思ってくれたりグッズを購入してくれます。勝ち続ければメディアの露出も増えて、優勝をすればスポットライトを独占できます。

選手を育てて勝つという意識も重要ですが、補強の成功がチームを左右すると言っても過言ではありません。実力のあるストライカーを補強しますが、チームとマッチしない選手を獲得しても有益ではないです。プレイスキルだけでなく、性格なども判断して獲得することが補強担当の役割です。

補強をしてどんどんチームが勝つような現状は非常に良いのですが、それだけではスムーズにサッカークラブを運営できません。サッカーは勝負の世界なので、常に勝利することはできませんしクラブが低迷することも考えられます。そんな時はマーケティング担当が人気を維持するような仕事をしなければいけません。メディアへの露出や慈善活動などを通して、その地域に根付いたクラブを作り上げていく必要があります。魅力的なクラブでなければサポーターは減り、補強費も確保できないので低迷の原因となります。

 

ライバル国との対戦試合は盛り上がる

運命の日韓戦という宣伝をされるように、日本対韓国の試合は盛り上がります。その他にもブラジル対アルゼンチンなど、とにかく隣国同士の戦いは注目度が高まります。やはり、お互いに身近な国であるが故に負けていられないという闘争心が働くからです。人種的にも気候的にも似たり寄ったりな部分があるので、その中で大差がつくというのは屈辱とも言えます。メディアも視聴率を上げようと過熱した宣伝をするので、それに多くの人が触発されます。

本当はサッカーと政治を一緒にするのは好ましいことではありません。しかし、国と国が戦う以上どこかで政治的な話が出るのも事実です。日本側にとって韓国は植民地でしたし、その恨みから反日感情を抱いている韓国人は少なくありません。ブラジルとアルゼンチンにしても何度か戦争をしているので、当然負けたくないという気持ちは自然と湧き上がります。応援も相手国民の感情を逆なでするような表現が使われるなど、荒々しい雰囲気になることも珍しくありません。

絶対に負けられないという精神状態でサッカーをするのは、決してマイナスなことではありません。メディアや観客のボルテージは選手にも伝わり、自然と選手もヒートアップします。その中で得るものも色々とあるので、ライバル国との対戦は選手にとって大きな財産です。